Home FAQ Categories icc2

ICC2 highlight hierarchy instance

change_selection [get_cells instance1/inst2/inst/ram/*/*/*]
gui_set_highlight_options -current_color green
gui_change_highlight -add -collection global
/は階層分必要

ICC2 Report bindkey

Help->report bind key

ICC2 fixed blockを移動する。

Blockeditor.Edit->Option


ICC2 floorplan flow

/AiTwo/BE/DF/LAY/ICC2/AiIP02/his_floorplan

ICC2 Shortcut kをdelete

gui_set_hotkey -delete -hot_key “k”

ICC2 Error: No valid scan def found. (PLACE-042)

To run placement without scan def please use: set_app_options -name place.coarse.continue_on_missing_scandef -value true

ICC2/PT multi cpu(thread)について

ICC2やPTを実行する際、Multi CPU(Thread)指定で1,2,4,8,16等の指定をされる場合、処理時間は「1」と変わらない、もしくは遅くなるケースがあります。

Multi 16指定の場合、 CPU=Thread(このEWSの場合は同じです。サーバにより異なる設定になっています。)
以下のように、Threadの%userが上がりません。
10:20:01 AM     CPU     %user     %nice   %system   %iowait    %steal     %idle
10:30:01 AM     all     11.90      0.00      0.48      0.11      0.00     87.51
10:30:01 AM       0      5.07      0.00      0.44      0.58      0.00     93.91
10:30:01 AM       1     15.10      0.00      0.59      0.01      0.00     84.30
10:30:01 AM       2     20.62      0.00      0.67      0.01      0.00     78.70
10:30:01 AM       3      1.32      0.00      0.22      0.09      0.00     98.37
10:30:01 AM       4     24.11      0.00      0.54      0.19      0.00     75.17
10:30:01 AM       5     20.91      0.00      0.78      0.05      0.00     78.25
10:30:01 AM       6     23.53      0.00      0.56      0.02      0.00     75.89
10:30:01 AM       7     17.59      0.00      0.94      0.32      0.00     81.15
10:30:01 AM       8      1.12      0.00      0.48      0.24      0.00     98.15
10:30:01 AM       9     15.74      0.00      0.44      0.02      0.00     83.80
10:30:01 AM      10     20.27      0.00      0.77      0.07      0.00     78.89
10:30:01 AM      11      5.85      0.00      0.42      0.38      0.00     93.35
10:30:01 AM      12      7.65      0.00      0.52      0.22      0.00     91.60
10:30:01 AM      13     13.27      0.00      0.41      0.03      0.00     86.29
10:30:01 AM      14     16.68      0.00      0.46      0.01      0.00     82.85
10:30:01 AM      15      5.21      0.00      0.38      0.31      0.00     94.10
10:30:01 AM      16      2.22      0.00      0.58      0.28      0.00     96.92
10:30:01 AM      17     12.76      0.00      0.41      0.01      0.00     86.82
10:30:01 AM      18     11.72      0.00      0.41      0.01      0.00     87.86
10:30:01 AM      19      3.69      0.00      0.26      0.02      0.00     96.03
10:30:01 AM      20     13.84      0.00      0.40      0.04      0.00     85.72
10:30:01 AM      21     10.37      0.00      0.34      0.03      0.00     89.26
10:30:01 AM      22      9.51      0.00      0.42      0.01      0.00     90.06
10:30:01 AM      23      2.69      0.00      0.33      0.02      0.00     96.96
10:30:01 AM      24     19.84      0.00      0.52      0.32      0.00     79.32
10:30:01 AM      25     10.96      0.00      0.41      0.01      0.00     88.63
10:30:01 AM      26     12.35      0.00      0.51      0.00      0.00     87.14
10:30:01 AM      27      0.53      0.00      0.29      0.02      0.00     99.16
10:30:01 AM      28     24.45      0.00      0.50      0.17      0.00     74.88
10:30:01 AM      29     17.19      0.00      0.59      0.01      0.00     82.21
10:30:01 AM      30     13.69      0.00      0.50      0.00      0.00     85.80
10:30:01 AM      31      0.99      0.00      0.29      0.00      0.00     98.72

   PID USER      PR  NI    VIRT    RES    SHR S  %CPU %MEM     TIME+ COMMAND                                                                                               
193436 userxxxx  20   0 11.424g 7.134g 192864 R 456.3  0.3  49:30.83 icc2_exec        <== CPUは456% で良さそう。でも遅い

このケースですと、2本目のICC2を実行すると、ICC2が使用するThreadを共有してしまい、一本で流す場合より遅くなります。
よって、ICC2はMulti 1 の設定で実行しています。

同様に、PTも同様な結果となっています。
例えば、設計初期の段階の一つのデザインでは3modeで16個のPTを実行します。小規模の設計ですと1PTは1.5時間で実行が完了します。
合計24時間必要なのですが、MultiThreadsにして2本以上実行するとお互いのJobが干渉して遅くなります。
この場合は、MultiThread 1 にして 2本のLicenseを使用すると12時間で実行が完了します。
設計に必要なルーティーンは、以下となります。
15:00~20:00 ICC2 ECOroute
20:00~08:00 StarRC + PT
08:00~15:00 ECO計画とJob設定

割当てが正しい場合の例