Home FAQ Categories 拠点利用

Webサイト 申請関連の用語説明

【ユーザID申請】 全ての利用者が申請します。
拠点のwebの利用や各種申請を可能にする申請です。
教材のダウンロードやビデオ視聴などができます (一部に装置ID申請が必要なものもあります)。

【プロジェクトID申請】 プロジェクトの代表者が申請します。
利用者が拠点のEDAツールなどを利用してSoC設計を行うプロジェクトを拠点に申請します。
利用するEDAツールなどの手続きを経て承認後、プロジェクトIDが発行されます。

【装置ID申請】 全てのEDA利用者が申請します。
拠点のEDAツールなどを利用するために必要な申請です。
プロジェクトID申請でプロジェクトが拠点に承認されてから、装置ID申請が可能になります。
本申請で下記の情報が得られます。
1)ログインのための情報 (メールで送付)
2)セキュリティトークンとPrivate key (郵送で送付)

Webサイト 問い合わせフォームでForbiddenと表示される。

Forbidden
The server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct. Please confirm value.

このメッセージが出る場合、お問い合わせ内容が通常のTextでない場合が考えられます。例えばCut and PasteでEDAの結果など特殊文字(/,@等)を張付けた場合が想定されます。
下記の対処策・確認をお願いします。
・問い合わせフォームから通常のTextだけで問い合わせください。状況に応じて、追加の情報提供をお願いする場合があります。
・すでに通常のTextであれば、Cookieデータの削除をしてみてください。
・拠点webはCookieを使用しています。Blockされてはいませんか?

Webサイト にアクセスできません。

Webサイトにアクセスできない場合は、ブラウザーのExtensionとCookieとCacheをremove all and Clearしてください。

設計拠点からEDAツールの実行ログなどをダウンロードする方法を教えてください。

拠点Webのメニューバーの「拠点利用方法>EDA実行」の中の「ファイルのDownload」を参照ください。

エミュレータを用いて、ソフトウェア・ハードウェア・コシミュレーションを実行することができるそうですが、 チュートリアルはありますか。

拠点では、PCIeによってアクセラレータ(DUT)とHOST-CPUを通信するリファレンスデザインを、準備しています。このようなシステム全体のエミュレーションは、ソフトウェア・ハードウェア・コシミュレーションによって実行されます。
チュートリアルは、AIチップ設計拠点の計算機サーバにLoginし、下記のディレクトリに格納してありますので、適宜ご利用ください。

ファイルの場所:
/common/aidl/aidl/Tutorial/GettingStart_PalladiumZ1_ref_yyyymmdd.pdf
(注) yyyymmdd は日付を表す8桁の数字になっています。

ファイルのパスワード:READMEを参照下さい。

AIチップ設計拠点が整備したIPに関してベンダーに質問してもよいですか。

IPベンダーに直接問い合わせなどはできません。拠点に「問い合わせフォーム」でご連絡ください。
※ 「問い合わせフォーム」はメニューバーの「Information」の中などにあります。

Webサイト が対応するOSとブラウザを教えてください。

<Webページの表示を確認している閲覧環境>
・Windows 10: Chrome(78,79,80), Edge(44), Firefox(72)
・Android 10: Chrome(79,80), Firefox(68)
・Android 9.0Pie: Chrome(79,80)
・macOS Catalina: Chrome(80), Safari(13)
・macOS High Sierra: Chrome(79,80), Safari(13), Firefox(72)
・mac iOS 13.2: Safari(13)
・mac iOS 13.3: Safari(13)

オープンソースのIPを、拠点を利用するプロジェクトで使用することは可能ですか。

オープンソースIPの使用条件等によっては拠点利用ができません。まずオープンソースIPの使用条件等に問題ないか事前に確認願います。

他社、大学等と共同開発したIPを、拠点を利用するプロジェクトで使用することは可能ですか。

共同開発したIPに他社のIP(特許やPDKなど)やオープンソースのIPなどが入っていなければ拠点利用は可能です。
これらが入っている場合、その使用条件等によっては拠点利用ができません。
まずそれらIPの使用条件等に問題ないか事前に確認願います。

複数の場所(事業所など)で開発できますか。

はい、本拠点とネットワークで接続ができれば可能です。
ただし接続場所は日本国内に限ります。
詳細につきましては、「問い合わせフォーム」により本拠点に相談ください。
※ 「問い合わせフォーム」はメニューバーの「Information」の中などにあります。