HomeAi-Two Ai-Two

20211125Ai2 N12 MEM wrapperリリースしました。 N12のRTLをリリース願います。

Ai2 N12 MEM wrapperリリースしました。 N12のRTLをリリース願います。

/AiTwo/RefSYS/ReleaseAiTwo/common/libs $ tree -L 4
.
|-- MEM
|   `-- 04
|       |-- cp.csh
|       |-- log
|       |-- verilog
|       |   |-- sram_all_pwr.vp
|       |   `-- sram_all.vp
|       `-- wrapper						<==RTLリリースで参照ねがいます。
|           |-- ts1n12ffclllvta2048x64m8swbcp_130b_wrap.v
|           |-- ts1n12ffclllvta4096x64m8swbcp_130b_wrap.v
			:
|           |-- tsdn12ffclllvta256x32m4bcp_130c_wrap.v
|           `-- tsdn12ffclllvta768x32m4bcp_130c_wrap.v
`-- STD
    |-- 01
    |   |-- cgate_prim
    |   |   `-- cgate_prim.v
    |   |-- cp.csh
    |   |-- log
    |   |-- rsync_prim
    |   |   `-- rsync_prim.v					<==RTLリリースで参照ねがいます。
    |   `-- wrapper
    |       `-- std.v						<==RTLリリースで参照ねがいます。
    `-- 01_
        |-- cgate_prim
        |   `-- cgate_prim.v
        |-- cp.csh
        |-- log
        |-- rsync_prim
        |   `-- rsync_prim.v
        `-- wrapper
            `-- std.v

20211122Ai2 Spyglass N12初版をリリースしました。

Ai2 Spyglass N12初版がリリースされました。
拠点WebサイトのRTLガイドライン/形式検証を参照ねがいます。

20211122	N12向けのSpyglassをリリースしました。
		・AiIP0X.f作成の説明内容を更新
 		・実行方法のツールバージョンを更新
/AiTwo/RefSYS/ReleaseAiTwo/spyglass/DF/00 $ tree 
.
`-- RTL-version
    `-- AiIP0X
        |-- rtl
        |   `-- AiIP0X.f		## (要修正)ファイル名も修正
        `-- spyglass
            |-- Ai_Two.prj		## spyglass設定
            |-- go_sg.csh		## (要修正)ツール投入
            |-- Makefile		## (要修正)ツール投入設定
            |-- sgdc
            |   |-- AiIP0X_dft.sgdc	## (要修正)dft用制約、ファイル名も修正
            |   `-- AiIP0X.sgdc		## (要修正)cdc/rdc用制約、ファイル名も修正
            `-- swl
                |-- AiIP0X_dft.swl	## (要修正)dft用対象外設定、ファイル名も修正
                `-- AiIP0X.swl		## (要修正)cdc/rdc用制約、ファイル名も修正

20211110Ai2 1chipsimulationの初版をリリースしました。

Ai2 1chipsimulationの初版がリリースしました。
課題や制限事項がありましたら、レポートください。皆様のご協力で完成していきましょう。

/AiTwo/RefSYS/ReleaseAiTwo/1chipSIM
`-- PowerOn
|-- 01 <== 初版版です。 | |-- 1chipsim_manual_AiTwo.pdf <== 拠点計算機のFireFoxで参照ねがいます。Webページは来週になります。 | `-- AiTwoSoCPF `-- release_note.txt

20211002Box リリースデータ構造

Boxフォルダの利用方法

1)未使用ファイルは、Retiredフォルダーを作り移動してください。
2)Updateしたファイルは、OverWriteし、Versionを上げてください。別名日付つきでセーブしないでください。

20210906AiTwo Memory仕様Excel Noc仕様ExcelをUpdateしました。

AiTwo向けのMemory仕様ExcelとNoc仕様ExcelをUpdateしました。参照ねがいます。20210906

2021102915:00 までにAi-Two向けPowerOnRTLを提出ねがいます。

2021/10/29 15:00 までにAi-Two向けPowerOnRTLを提出ねがいます。
実施していただく項目は、

1. iocheck
2. spyglass
3. 論理合成と等価検証
詳細条件はサインオフのPoN条件を参照ください。updated 20210806
4. DFT考慮Memory構造としてください。10.01よりDFT挿入を行います。
5. 28nmMemoryにMapは、拠点で行います。12nmMemoryにMap願います。
6. 12nmMemoryのSim・合成モデルは10.29にリリ−スします。

2021093015:00 までにAi-Two向け個別RTLを提出ねがいます。

AIチップ設計拠点では、先端プロセス対応の評価プラットフォーム(以下、Ai-Twoといいます。)の開発(2021.04.22版)を開始しました。
今回は、先端プロセス対応の実装開発とそのシリコン評価方法を開発します。
2021/09/30 15:00 までにAi-Two向け個別RTLを提出ねがいます。
提出項目は、以下となります。ダウンロードはこちらから
1. IOlist *1
2. Memory構成表 : N28既に生成済みメモリーをご使用ください。N28は再生成が行えません。本データはN12メモリ生成に活用します。*1
3. Nocインターフェイス仕様書
4. RTLリリース *1
5. RTL
実施していただく項目は、
1. iocheck
2. spyglass N28(Ai-One)環境をご使用ください。
3. 論理合成と等価検証 N28(Ai-One)環境をご使用ください。
個別RTLで実装面積を予測します。
Ai-Twoのチップ面積はAi-OneのPowerOnRTLサイズより制限され、RTLPowerOn以降のチップサイズ変更には対応できません。
詳細条件は別途Webに掲載予定です。 
updated history
初版:20210806,
*1: 20210815 本体Webとの整合性を取るために修正。

2021073015:00 までにAi-Two2021年度プログラム申込みをお願いします。2021/07/16 updated

2021/07/30 15:00 までにAi-One2021年度プログラム申込みをお願いします。
詳しくは拠点問合せにお願いします。