Home 拠点利用方法/Directory

拠点利用方法/Directory


単独参加構造

1. 単独参加構造A

EDA利用、Emulator利用者の標準構造です。
Login Serverと実行Serverは同じVolumeが同じ構造でMountされています。

/apps            	EDAツールのsourceファイルとmanual(Docs)ファイル
/common          	拠点を初めて利用される方への拠点EDAの利用方法等
/ftp0001		FileのUpload、Download
/mdt0001		100MB以下のTextUpload用Directoryです。
/home0001		Homeです。ここでは設計しないでください。
/projXXXX        	設計作業Directoryです。容量サイズの増加は拠点問合せで申請ください。

2. 単独参加構造B

EDA利用、Emulator利用者の標準構造です。
2021.10以降は、単独参加構造Bが標準となります。
Login Serverと実行Serverは同じVolumeが同じ構造でMountされています。

/apps            	EDAツールのsourceファイルとmanual(Docs)ファイル
/common          	拠点を初めて利用される方への拠点EDAの利用方法等
/home00XX 		企業XXのHomeです。ここでは設計しないでください。
/ProjXX
|-- AiIPXX		(Option)本階層はオプションです。二社間連携やIP利用する場合に拡張が容易です。IPのTop名称を推奨します。
|   |-- private		[770]企業XXだけが使用するDirectory。
|   |-- mdt0001		[770](Option)企業XXだけが使用する100MB以下のTextUploadDownload用Directoryです。(Option)
|   `-- ftp		[770](Option)企業XXだけが使用するUpload用ftpDirectoryです。

複数企業参加構造

1. 複数企業間連携A

複数企業間(複数ProjectID)で連携する専用Volumeです。複数企業間連携を実施されるProject毎に作成されます。

/apps           	EDAツールのsourceファイルとmanual(Docs)ファイル
/common          	拠点を初めて利用される方への拠点EDAの利用方法等
/ftp0001		FileのUpload、Download
/mdt0001		100MB以下のTextUpload用Directoryです。
/home0001		Homeです。ここでは設計しないでください。
/projXXXX        	設計作業Directoryです。容量サイズの増加は拠点問合せで申請ください。
/releaseXX       	(Option) ProjectXXのリリースデータです。連携企業が参照します。
/incomingXX      	(Option) 連携企業からprojectXXへの参照データです。
/incoming_ALL    	(Option) ProjectXX全体への参照データです。

2. 複数企業間連携B

複数企業間(企業XXと企業YYの連携)(ProjectID ProjXY)で連携する専用Volumeです。
以下では、二社間連携を例に取り説明いたします。
2021.10以降は、複数企業間連携Bが標準となります。
二社には、分離されたLoginServerXXとLoginServerYYが提供されます。
下記の構造では、企業XXと企業YYの連携例を示します。
umask=0022を.cshrcに設定ねがいます。

企業XXのLoginServerXXのDirectory構造

/apps            	EDAツールのsourceファイルとmanual(Docs)ファイル
/common          	拠点を初めて利用される方への拠点EDAの利用方法等
/home00XX 		企業XXのHomeです。ここでは設計しないでください。
/ProjXY
|-- AiIPXX
|   |-- private		[770]企業XXだけが使用するDirectory。連携企業YYは参照できません。
|   |-- ftp		[770]企業XXだけが使用するUpload用ftpDirectoryです。
|   `-- release		[775]企業XXがリリースするデータ
|-- AiIPYY
|   `-- release		[775]企業YYがリリースするデータ
|-- RefSYSXY
|   |-- directory1	[755]Option 拠点がリリースする設計データ等。分類によってはdirectory1,2,,,,と複数になります。

企業YYのLoginServerYYのDirectory構造

/apps            	EDAツールのsourceファイルとmanual(Docs)ファイル
/common          	拠点を初めて利用される方への拠点EDAの利用方法等
/home00YY 		企業YYのHomeです。ここでは設計しないでください。
/ProjXY
|-- AiIPXX
|   `-- release		[775]企業XXがリリースするデータ
|-- AiIPYY
|   |-- private		[770]企業YYだけが使用するDirectory。連携企業XXは参照できません。
|   |-- ftp		[770]企業YYだけが使用するUpload用ftpDirectoryです。
|   `-- release		[775]企業YYがリリースするデータ
|-- RefSYSXY
|   |-- directory1	[755]Option 拠点がリリースする設計データ等。分類によってはdirectory1,2,,,,と複数になります。

Storage

1. Snapshot(opt)

全てのVolumeには、.snapshotがあります。Snapshotは、システム稼動中にオンラインバックアップイメージを取得する機能です。
Snapshot はアプリケーションの実行中においても実行可能です。
また、NetApp システムのボリュームサイズや処理状況を問わず、1秒以内でSnapshot コピーが作成されます。
ユーザによる簡単な操作でSnapshot取得&ファイルのリストアが可能です。

userXXXX@loginXXXX-n:/projXXXX> tree -L 1 .snapshot
.snapshot
|-- daily.2020-09-04_0010
|-- daily.2020-09-05_0010
|-- hourly.2020-09-05_0605
|-- hourly.2020-09-05_0705
|-- hourly.2020-09-05_0805
|-- hourly.2020-09-05_0905
|-- hourly.2020-09-05_1005
|-- hourly.2020-09-05_1105
|-- weekly.2020-08-23_0015
`-- weekly.2020-08-30_0015

2. 使用量が90%を超えたら

ファイルをremoveしても空き容量は増えません。hourlyのSnapshotに移動するだけです。絶対にremoveしないでください。状況は悪化します。そのままでFULLになってもJobは停止しません。翌日拠点問い合わせからStorageの増量を申請ください。
拠点のVolumeは、Thin Provisioningです。Thin Provisioningを使用すると、使用可能な容量よりも多くのストレージを提供できるようにボリュームを設定できます。

Directory構造

Login Serverと実行Serverは同じVolumeが同じ構造でMountされています。
拠点への利用申請、NDA, CAA, EULAの契約後、下記のVolumeがmountされます。

/common

/common 拠点EDAの利用方法、.cshrcの初期設定 最初に見てください
`-- aidl
    |-- aidl	<== AIチップ設計拠点で使用します。
    |-- Env
    |   |-- Dot.cshrc			<== 拠点利用者の.cshrcです。umask=0027
    |   |-- Dot.cshrc.AiOne		<== 企業間連携の.cshrcです。umask=0022
    |   |-- Dot.vimrc			<== vi(vim)の.vimです。
    |   |-- etc-sysconfig=i18n		<== EDAツールは英語だけをサポートです。
    |   `-- etc-sysconfig=i18n.JP	<== EDAツールが日本語サポートの場合には、使用します。
    |-- Incoming			<== 拠点に質問するデータを置いてください。
    `-- Tutorial
        |-- GettingStart_20210621.pdf	<== 拠点EDAの起動方法です。最新日付を使用してください。
        |-- GettingStart_JasperGold_20210611.pdf		<== JasperGoldの説明資料です。
        |-- GettingStart_PalladiumZ1_VXE_emulator20210610.pdf	<== Palladiumの説明資料です。
        |-- old				<== 使用しないでください。
        `-- README			<== Passwordの説明です。

/apps

/apps EDAツールのsourceファイルとmanualDocsファイル
`-- aidl |-- cadence | |-- additional | |-- Docs | | |-- 1-Help <== Cadenceのマニュアル表示方法 | |-- env <== Cadenceのsourceファイル. $>source /apps/aidl/cadence/cshrc.xcelium
| | |-- cshrc.genus | | |-- cshrc.incisive | | |-- cshrc.indago.20.09.002 | | |-- cshrc.indago.21.03.001 | | |-- cshrc.innovus | | |-- cshrc.ixcom.20.05.000 | | |-- cshrc.ixcom.20.05.001 | | |-- cshrc.ixcom.20.05.003 | | |-- cshrc.jasper | | |-- cshrc.joules | | |-- cshrc.lec | | |-- cshrc.mdv | | |-- cshrc.mdv.20.03.005 | | |-- cshrc.pvs | | |-- cshrc.qrc | | |-- cshrc.spectre.batch | | |-- cshrc.stratus | | |-- cshrc.stratus20.14.100 | | |-- cshrc.tempus | | |-- cshrc.virtuoso | | |-- cshrc.voltus | | |-- cshrc.vxe | | |-- cshrc.vxe.20.05.000 | | |-- cshrc.vxe.20.05.001 | | |-- cshrc.xcelium | | |-- cshrc.xcelium.20.03.009 | | |-- cshrc.xcelium.20.03.009.indago.20.09.002 | | |-- cshrc.xcelium.20.03.009.python3 | | |-- cshrc.xcelium.20.09.001 | | |-- cshrc.xcelium.21.03.001.indago.21.03.001
| |-- GENUS | | : <== Cadenceのbinaryファイル | | : | |-- XCELIUM |-- mentor | |-- additional | | |-- CatapultInfo_from_MentorJapan <== MentorJapan提供Document | | |-- training <== MentorJapan提供Document | |-- CALIBRE | | : <== Mentorのbinaryファイル | | : | |-- CATAPULT | |-- env <== mentorのsourceファイル. $>source /apps/aidl/mentor/cshrc.calibre
| | |-- cshrc.calibre | | |-- cshrc.calibre_2020.2_35.23 | | |-- cshrc.catapult | | |-- cshrc.catapult_10.5a | | |-- cshrc.catapult_10.5c | | |-- cshrc.catapult_10.6 | | |-- cshrc.powerpro | | |-- cshrc.powerpro_10.3c2 | | |-- cshrc.powerpro_10.4_1 | | |-- cshrc.powerpro_10.4_4 | | |-- cshrc.powerpro_10.5 | | |-- cshrc.slec | | |-- cshrc.slec_10.4a | | `-- cshrc.slec_10.4b
|-- synopsys | |-- additional | |-- coretools | |-- CORETOOLS | |-- customcompiler | |-- Docs <==SolvnetからDownloadしたmanual
| | |-- hspice | | | `-- hspice_sa_UserGuideBasicSimulationAnalysis.pdf | | |-- spyglass | | | |-- SpyGlass-ApplicationNote │   ├── SpyGlass_CDCForFPGADesign_AppNote.pdf : CDCチェックの為にFPGAデザインを読み込む方法の解説です │   ├── SpyGlass_GeneratingCompatibleWaivers_AppNote.pdf : 古いバージョン向けに作成されたwaiverファイル(疑似エラーをマスクするための設定)を新しいバージョン向けに変換する操作の解説です。 │   ├── SpyGlass_IPModeling_AppNote.pdf : IP作成者がSpyGlass向けにモデルを作成する際の注意点の解説です。 │   ├── SpyGlass_MetastabilityMonitors_AppNote.pdf : OEM向け │   ├── SpyGlass_NewWidthFlow_AppNote.pdf:SpyGlass 古いバージョン(v4.4.1)で行われた、ビット幅チェックルールの仕様変更についての解説です。現在これがDefaultです。 │   ├── SpyGlass_Simulation_Annotation_AppNote.pdf : SpyGlass Power Explorerでパワー見積りをする際にシミュレーション波形データを入力する方法についての解説です。 │   ├── SpyGlass_SpyGlassPowerEstimate-HowtoImproveCorrelation_AppNote.pdf:SpyGlass PowerExplorerのRTLパワー見積り機能で、ゲートレベルとのパワーの相関性を向上させるための手法の解説です。 │   ├── SpyGlass_SynchronousResetSetDetection_AppNote.pdf :RTLを合成する際にどの様に同期リセットを認識しているかについて解説です。 │   ├── SpyGlass_UsingHybridFlow_AppNote.pdf:CDCのチェック内容からSVAアサーションを生成し、シミュレーションで検証するフローの解説です │   ├── SpyGlass_LCA.pdf: LCA Feature │   └── SpyGlass_KPNS.pdf: Known Problems and Solutions | | | |-- SpyGlass-ISO26262 | | | |-- SpyGlass-Methodology | | | |-- SpyGlass-Rule-Ref | | | |-- SpyGlass-Using | | | `-- Training | | `-- UserGuide | | |-- cf | | |-- customcompiler | | |-- finesim | | |-- fm | | |-- hsim | | |-- hspice | | |-- icc2 | | |-- icc2_Q-2019.12-SP2 | | |-- prime | | |-- pts | | |-- spyglass | | |-- starrc | | |-- syn | | |-- syn_TestMAX | | |-- txs-TestMAX_ATPG_and_TestMAX_Diagnosis | | |-- vcs | | |-- verdi | | |-- wv | | `-- xa
| |-- env <==Synopsysのsourceファイル $>source /apps/aidl/synopsys/cshrc.dc
| | |-- cshrc.cc.do_not_use | | |-- cshrc.cc_P-2019.06-5 | | |-- cshrc.cc_Q-2020.03-SP2-5 | | |-- cshrc.cc_R-2020.12-5 | | |-- cshrc.cf_R-2020.12-SP1 | | |-- cshrc.cf_R-2020.12-SP1.old | | |-- cshrc.ct | | |-- cshrc.ct_P-2019.06-SP5 | | |-- cshrc.ct_Q-2020.03-SP4-1 | | |-- cshrc.dc | | |-- cshrc.dc_M-2016.12-SP5 | | |-- cshrc.dc_P-2019.03-SP4 | | |-- cshrc.dc_Q-2019.12-SP3 | | |-- cshrc.dc_Q-2019.12-SP5-2 | | |-- cshrc.dc_Q-2019.12-SP5-3 | | |-- cshrc.dc_R-2020.09 | | |-- cshrc.dc_R-2020.09-SP3 | | |-- cshrc.em | | |-- cshrc.em-R-2020.12 | | |-- cshrc.finesim_R-2020.12-5 | | |-- cshrc.formality | | |-- cshrc.formality_K-2015.06-SP4 | | |-- cshrc.formality_P-2019.03 | | |-- cshrc.formality_Q-2019.12-SP5 | | |-- cshrc.formality_R-2020.09-SP1 | | |-- cshrc.formality_R-2020.09-SP2 | | |-- cshrc.hspice | | |-- cshrc.hspice_Q-2020.03-SP2-2 | | |-- cshrc.hspice_R-2020.12-SP1-1 | | |-- cshrc.icc | | |-- cshrc.icc2_Q-2019.12-SP2 | | |-- cshrc.icc2_Q-2019.12-SP3 | | |-- cshrc.icc2_Q-2019.12-SP5 | | |-- cshrc.icc2_Q-2019.12-SP6 | | |-- cshrc.icc2_R-2020.09-SP1 | | |-- cshrc.icc2_R-2020.09-SP2 | | |-- cshrc.lc | | |-- cshrc.lc_P-2019.03 | | |-- cshrc.lc_Q-2019.12-SP5 | | |-- cshrc.lc_R-2020.09-SP1 | | |-- cshrc.prime | | |-- cshrc.prime_Q-2019.12-SP2 | | |-- cshrc.prime_Q-2019.12-SP3 | | |-- cshrc.prime_Q-2019.12-SP4 | | |-- cshrc.prime_Q-2019.12-SP5 | | |-- cshrc.prime_Q-2019.12-SP5-1 | | |-- cshrc.prime_Q-2019.12-SP5-2 | | |-- cshrc.prime_R-2020.09-SP1 | | |-- cshrc.prime_R-2020.09-SP2 | | |-- cshrc.prime_R-2020.09-SP5 | | |-- cshrc.prime_S-2021.06 | | |-- cshrc.primesim_R-2020.12-SP1-2 | | |-- cshrc.primewave_R-2020.12-SP1 | | |-- cshrc.pt | | |-- cshrc.spyglass-lint | | |-- cshrc.spyglass_O-2018.09-SP2-01 | | |-- cshrc.spyglass_O-2018.09-SP2-11 | | |-- cshrc.spyglass_P-2019.06-SP2-10 | | |-- cshrc.spyglass_P-2019.06-SP2-8 | | |-- cshrc.spyglass_P-2019.06-SP2-9 | | |-- cshrc.spyglass_P-2019.06-SP2-9~ | | |-- cshrc.spyglass_Q-2020.03-1 | | |-- cshrc.spyglass_Q-2020.03-SP2-2 | | |-- cshrc.spyglass_R-2020.12 | | |-- cshrc.spyglass_SPYGLASS2018.09-SP2-1 | | |-- cshrc.starrc | | |-- cshrc.starrc_Q-2019.12-SP5-2 | | |-- cshrc.starrc_Q-2019.12-SP5-3 | | |-- cshrc.starrc_R-2020.09-SP5 | | |-- cshrc.starrc_S-2021.06 | | |-- cshrc.tweaker -> cshrc.tweaker_R-2020.09-SP2 | | |-- cshrc.tweaker_R-2020.09-SP2 | | |-- cshrc.tweaker_R-2020.09-SP3 | | |-- cshrc.tweaker_v2020.06-1 | | |-- cshrc.txs_Q-2019.12-SP5-2 | | |-- cshrc.vcs | | |-- cshrc.vcs-mx | | |-- cshrc.vcs-mx_L-2016.06-SP1 | | |-- cshrc.vcs_P-2019.06-SP2-5 | | |-- cshrc.vcs_Q-2020.03-SP1 | | |-- cshrc.vcs_Q-2020.03-SP2-6 | | |-- cshrc.vera | | |-- cshrc.verdi | | |-- cshrc.verdi_Q-2020.03-SP2-6 | | |-- cshrc.verdi_R-2020.12-SP2 | | |-- cshrc.waveview | | |-- cshrc.wv_R-2020.12-SP1 | | `-- cshrc.xa_R-2020.12-SP1

/release

/projectXX, /ProjXY/release, /ProjXY/private、 directoryの推奨構造ルール例を示します。
LSIの設計には、多くのチームや設計者が共同で設計作業を行います。
Project管理者は、作業内容に必要な構造をProject開始前に定義してください。
拠点に質問をする場合、下記の構造を満たしていないと再現と対策が実行できず対応出来ない事例が発生しています。
留意点は、
1. 各設計者の最新の設計データでProjectがTapeoutすることはめったにありません。
2. 過去にリリースした設計データにさかのぼって再設計と修正が必要になります。
3. 本構造は、すべての作業がバージョンの中で完結する方式を採用しています。

概要

/ProjXY/release
/ProjXY/private
projectIDのLoginサーバと実行サーバだけにMountされているVolumeです。
Permissionが755でもProject参加者しか参照できません。
複数企業間Projectの場合は、umask=0022にて作業願います。
複数企業間Project参加設計者は、OtherのStatusで参照します。
TopModule名
例)AiIP
名称のルールを満たす御社独自のTopModule名称等を使用してください。
この名称は、Shellスクリプトで参照します。もし、変更される場合はProject管理者にご相談ねがいます。
バージョン
例)00->01
1桁以上の英数字と_で作成し、バージョンを上げる際は、+1とする。
例) R01 -> R02 -> R03, 01 -> 02 -> 03.
注意!!次のバージョン名は使用しないでください。
current, new, latest, master, Golden, original, 日付, saishu, 日本語のラテン文字,人名。
TopModule名
例)AiIP0X
名称のルールを満たすRTLのTopのModule名を使用します。
SubModule毎の分割設計をされている場合は、そのSubModuleとします。
設計名
例)synth,spyglass,rtl
rtl, build, scripts, spyglass, synth, vcf, pnrの設計工程処理や設計データの名称を使用する。
LSIで使用する一般的な代名詞を使用してください。
personal名称や、一文字だけ変更した名称は使用しないでください。Ex. synth vs symth.
Directory名称
特殊文字を含まない先頭は英文字、その後は英数字と_を使用願います。
以下の文字は使用しないで下ください。
日本語、日本語のラテン語、特殊文字、個人名称、
LSIで使用する一般的な用語の一文字だけ変更した名称は使用しないでください。Ex. release vs relesae.
拠点では、英語環境で利用しています。一部のツールでは英語のみのサポートとなっています。
SymbolicLink
Symbolic linkは、相対パス(../rtl/AiIP0X.f)で指定します。
下位階層に絶対パスのSymbolicLinkは禁止しています。
最新バージョン用のLinkは作成しない。(禁止例:latest –> v10)
Script内ファイル指定
相対パス(../rtl/AiIP0X.f)で指定します。
絶対パスのSymbolicLinkは禁止しています。
絶対パスが必要な場合は、実行shellで、set ProjDir /ProjXY/AiIPXX と指定し、実行Scriptで$ProjDirを参照してください。
Script内で絶対パスを指定することは禁止しています。(例外source /apps/aidl/cadence/env/cshrc.xxxx)

例Block設計

 
/ProjXY/AiIPXX/release
   |-- AiIPXX                これは、Chipに統合するトップモジール名称です。
      |-- 10                 最初のバージョンは、10とした例です。多分1桁以上2桁以下のバージョンがリリースされることを予想し、2桁の数値10を使用します。
      |  |-- AiIPXX              これは、トップモジール名称です。この階層が全体Simulationに統合する場合必要となります。
      |  |   |-- ReadMe           (Optinal)この階層に必要なコメントがあれば記載願います。
      |  |   |-- rtl             rtlを格納します。verilog input fileList等を生成するDirectoryが含まれます。Encriptionは避けてください。
      |  |   |  |-- AiTOP.f           リンクするRTLを記載したファイルです。例)../../AiTOP/rtl/AiTOP.v モジュール名を含めてください。
      |  |   |  |-- AiTOP_sim.f       リンクするRTLのSimulationで参照するモデルのファイル名です。
      |  |   |  |-- AiTOP.v           AiIPxは、御社のIPのTopModuleが記述されており、Ai_SoCPF_NOCに接続します。AiIPxと御社の社内での名称AITOPのWrapperになります。
      |  |   |  |-- TOP.v             TOPのmodule
      |  |   |  |-- TOP_stub.v        外面ポートだけを記載したModule. AITOP.vが完成していない場合に記述する。
      |  |   |  |-- TOP_mod1.v        TOP.vがReferenceしているSubmoduleのファイルが分離している場合、本階層に置いてください。新たな階層は定義しないでください。
      |  |   |  |-- TOP_mod2.v        TOP.vがReferenceしているSubmoduleのファイルが分離している場合、本階層に置いてください。新たな階層は定義しないでください。
      |  |   |  `-- tb                テストベンチです
      |  |   |
      |  |   |-- spyglass         SpyGlassの実行Directoryです。
      |  |   |  |-- AiIPx_DF.prj       Hand off RTL で実行するRuleを記述。BlackBoxも指定。
      |  |   |  |-- ALL.cmd            このShellを実行するとSpyGlassが起動する。これからmakeを実行している。
      |  |   |  |-- Makefile           各工程を実行するMakefile。EDAツールを実行する場合は、LSFを使用すること。
      |  |   |  |-- sgdc_files         TopModuleのClock等のConstraintを設定したファイル。
      |  |   |  |   |-- AiIPx.sgdc         TopModule名.sgdcのファイル名とする。
      |  |   |  |
      |  |   |  `-- swl_files          このTopModuleのWaveListを設定したファイルである。上位階層でSpyglassを実行する場合は、この設定ファイルを使用する。
      |  |   |      |-- AiIPx.swl          TopModule名.swlのファイル名とする。
      |  |   |
      |  |   |-- synth             論理合成+等価検証の実行Directoryです。論理合成結果の等価検証は必須です。合成できないRTLは修正ねがいます。
      |  |   |  |-- ALL.cmd
      |  |   |  |-- Cmd
      |  |   |  |-- Makefile
      |  |   |  |-- scr                論理合成と等価検証のツールコマンド
      |  |   |  |-- sdc          RTLの合成条件を記述したSDCファイル
      |  |   |  `-- work         
      |  |   `-- sim               Simulationの実行Directoryです。
      |  |
      |  `-- Reference             このモジュールの下に、ReferenceするIPの名称が来ます。この階層下でバージョンが判る形でLinkします。
      |-- 11                  次の設計作業バージョンです。
      |  |-- AiIPx                  
      |  |   |-- rtl              
      |  |   |-- spyglass              
      |  |   |-- synth              
      |  |   `-- sim  
      |-- 11_01               バージョン11は既にリリース済み。それにECO処理を行う場合のバージョン名の付け方の例です。
      |  |-- AiIPx                  
      |  |   |-- rtl              
      |  |   |-- spyglass              
      |  |   |-- synth              
      |  |   `-- sim      

例Chip設計

/ProjXY/AiIPXX/release
   `-- Ai_One/                              <==  cp -a /incoming_AiOne/Ai_One/ ./  で作成します。
       `-- RTL_PoN
           |-- 01                           <== RTLのVersionが10の場合は、この階層から下をすべて複写し01_10を作成する。
           |                                    cd 01; mkdir ../01_10; tar cf - * | ( cd ../01_10 ; tar xf - )
           |-- 01_10                        <== RTLの次のVersionが11になる場合は、この階層から下をすべて複写し01_10を作成する。
           |   |                                 cd 01_10; mkdir ../01_11; tar cf - * | ( cd ../01_11 ; tar xf - )
           |   |-- 1chipsim_manual.pdf
           |   `-- AiOneSoCPF
           |       |-- design
           |       |   |-- build
           |       |   |   |-- env 
           |       |   `-- rtl 
           |       |       |-- AiOneSoCPF
           |       |       |   |-- AiOneSoCPF.f      <== AiIP0X.fの場所を相対パスで記載する。
           |       |       |   |                         -f ../../AiIP0X/rtl/AiIP0X.f
           |       |       |   |                         -f ../../AiIP0X/rtl/AiIP0X_sim.f
           |       |       |   `-- AiOneSoCPF.v
           |       |       |-- common
           |       |       |   |-- bbox
           |       |       |   |-- defs
           |       |       |   |-- etc 
           |       |       |   |-- libs
           |       |       |   `-- sram_wrapper
           |       |       |-- CPG 
           |       |       |-- CPU 
           |       |       |-- DBG 
           |       |       |-- DFTC
           |       |       |-- :     
           |       |       |-- :   
           |       |       `-- WDT 
           |       |     
           |       `-- sim                           <== (注)この名称は、予約語です。この名称を変更してRTLのVersion16用のSimにしないでください。
           |           |-- 1chip
           |           |   |-- bin 
           |           |   |   `-- go_simvision.csh
           |           |   |-- mkEnv.csh                <== Sim実行場所 zsim_pat001を作成します。
           |           |   |-- mkPat.csh                <== テストシナリオ pat001, pat002を作成します。
           |           |   |-- model
           |           |   |   |-- cpu_config
           |           |   |   |-- simtop.v
           |           |   |   `-- top 
           |           |   |-- pat 
           |           |   |   |-- base
           |           |   |   |-- pat001               <== テストシナリオDirectoryです。この下にシナリオがあります。
           |           |   |   |   |-- cpu.c               <== テストシナリオを修正します。
           |           |   |   |   |-- cpu.h               <== テストシナリオを修正します。
           |           |   |   |   |-- go_sim.csh
           |           |   |   |   |-- link.lcf -> ../../model/cpu_config/link.lcf
           |           |   |   |   |-- main_scenario.v     <== テストシナリオを修正します。
           |           |   |   `-- user_macro_list_inc.v
           |           |   |-- setq.csh
           |           |   |-- zsim
           |           |   |   |-- go_sim.csh
           |           |   |   `-- go_simvision.csh
           |           |   |-- zsim_pat001              <==  pat001のSimulationを実行するDirectoryです。
           |           |   |   |-- arc_main.o
           |           |   |   |-- cpu.dmp
           |           |   |   |-- cpu.hex
           |           |   |   |-- cpu.map
           |           |   |   |-- cpu.o
           |           |   |   |-- cpu.out
           |           |   |   |-- cpu.sym
           |           |   |   |-- go_sim.csh -> pat/go_sim.csh <==  SimulationをLSFで投入します。./go_sim.csh
           |           |   |   |-- go_simvision.csh
           |           |   |   |-- image_mem64_lo.hex
           |           |   |   |-- memc_hi.hex
           |           |   |   |-- memc_lo.hex
           |           |   |   |-- pat -> ../pat/pat001
           |           |   |   |-- wave
           |           |   |   |-- xcelium.d
           |           |   |   |-- xrun.history
           |           |   |   `-- xrun.log
           |           |   `-- zsim_pat002              <==  pat002のSimulationを実行するDirectoryです。
           |           |   
           |           `-- AiIP0X -> /releaseXXXX/CompanyProjectName/AiIP0X/10/AiIP0X
           |               `-- rtl 
           |                   |-- AiIP0X.f
           |                   |-- AiIP0X_sim.f
           |                   `-- AiIP0X.v      
           |-- 01_11                        <==  RTLの次のVersionが11になる場合は、この階層から下をすべて複写し01_10を作成する。    
           |   `-- AiOneSoCPF
           |       |-- design
           |       |   `-- rtl 
           |       |       |-- AiOneSoCPF
           |       |       |   |-- AiOneSoCPF.f      <==  AiIP0X.fの場所を相対パスで記載する。修正する必要はないと思います。
           |       |     
           |       `-- sim 
           |           |-- 1chip
           |           |   |-- bin 
           |           |   |-- pat 
           |           |   |   |-- base
           |           |   |   |-- pat001 
           |           |   |   |   |-- cpu.c 
           |           |   |   |   |-- cpu.h
           |           |   |   |   |-- go_sim.csh
           |           |   |   |   |-- link.lcf 
           |           |   |   |   |-- main_scenario.v 
           |           |   |   `-- user_macro_list_inc.v
           |           |   |-- setq.csh
           |           |   |-- zsim
           |           |   |   |-- go_sim.csh
           |           |   |   `-- go_simvision.csh
           |           |   |-- zsim_pat001
           |           |   `-- zsim_pat002 
           |           |   
           |           `-- AiIP0X -> /releaseXXXX/CompanyProjectName/AiIP0X/11/AiIP0X <== このリンクを11に変更するだけでSimulationが実行できます。

AIチップ設計拠点 Confidential Document