AIチップ設計拠点が提供する拠点アクセスID利用規約

 

【目的】

本規約は、AIチップ設計拠点をアクセスするID等の情報を利用する際に遵守いただく事項を定めたものです

 

【定義】

· 産総研:国立研究開発法人産業技術総合研究所をいいます。

· 東大d.lab 基盤設計研究部門:国立研究開発法人東京大学大学院工学系研究科附属システムデザイン研究センター基盤設計研究部門をいいます。

· NEDO:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構をいいます。

· NEDO事業:NEDOが実施する「AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業/【研究開発項目②】AIチップ開発を加速する共通基盤技術の開発」をいいます。

· 本拠点:NEDO事業の実施にあたり、産総研及び東大d.lab 基盤設計研究部門にて構成する運営組織であるAIチップ設計拠点をいいます。

· Webサイト:本拠点が運営するWebサイトと本Webサイトがリンクする関係組織が運営するWebサイトをいいます。

· 関係組織とは、本拠点の運営に関係する監督組織、協力企業、外注先などをいいます。

· 本サイトとは、本Webサイトに限らず本拠点が運営する本拠点のシステム、ネットワーク、及び装置をいいます。

· コンテンツ:本サイトに掲載される成果物・情報・IP・ソフトウエア・技術に関する情報および文章・図表・画像・写真・映像をいいます。

· 本拠点ID:本サイトをアクセスするIDとそれに付随する情報、アプリ、サーティフィケイト、IPaddress、パスワード、アクセスポイント、License Keyに限らず本拠点より入手した全ての付随情報をいいます。

· 本拠点アクセスソフトウエアとは、IDを使用して本拠点をアクセスするソフトウエアです。

· 本拠点ID利用者とは、本拠点が与えた本拠点IDを利用する個人です。

· 本規約とは、本拠点が提供する拠点アクセスID利用規約をいいます。

 

本拠点ID利用者

本拠点ID利用者は、本拠点より利用許可が与えられた方が対象になります。

本拠点は、本拠点ID利用者の認定のため、拠点ID利用申請で提出された個人情報を関係組織に提出します。その個人情報は本拠点と関係組織の善良なる管理者により管理されます。認定されない場合は、その理由を申請者に開示しないものとします。

 

【利用規約の範囲】

本拠点IDによる情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用には関係組織が運営している箇所があり、また、関係組織が運営している他のWebサイトへのリンクが含まれています。それらの箇所や本サイトを利用される場合は、その中で掲載されている利用規約にも同意いただく必要がありますので、ご注意ください。

本拠点ID本サイトを使用することにより、本拠点ID利用者は本規約に同意されたものとみなします。同意されない場合は、本サイトを使用することはできません。

 

【本拠点IDの使用条件】

本拠点より、本拠点ID本拠点ID利用者に提供されます。尚、パスワードには本拠点ID利用者が入手後直ぐに変更しなければならないものがあります。

 

本拠点IDは、本拠点ID利用者本人以外に故意もしくは過失を問わず使用させることを禁止します。また、本人以外が本拠点IDを閲覧できない保管方法を取る義務があります。

本拠点IDは、本サイトをアクセスする契約が終了とともに、本拠点IDを削除、返却を実施するとともに、どのように削除・返却を行ったかその実施内容をメール(メール宛先aidc-ml@aist.go.jp)で契約終了日から5営業日以内に本拠点に送付してください。

本拠点ID利用者が本規約を遵守する限りにおいて、本拠点は、本拠点ID利用者に、本サイトをアクセスし、本サイトを使用する個人的、非独占的、譲渡不可能かつ制限的な権利を付与します。

 

本拠点で使用されていない方法により資料、ドキュメントまたは情報を取得したり取得を試みる目的で「ディープリンク」、「page-scrape」、「ロボット」、「スパイダー」もしくはその他の自動的な装置、プログラム、アルゴリズム、もしくは手法、または類似もしくは同様の非自動的なプロセスにより、本サイトへアクセス、またはそれらを取得、コピー、モニターしたり、方法のいかんを問わず、本サイトや本サイトに接続するシステムもしくはネットワークを通じ利用できる情報、ソフトウエア及びIPや使用されている表現を複製または回避することはできません。

 

ハッキング、パスワードの「マイニング」その他の不正な方法で、本サイトや本サイトの一部や内容、本サイトや本サイトのサーバに接続するシステムもしくはネットワーク、または本サイト内でもしくは本サイトを通じ利用できる情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境に不正アクセスを試みることを禁止します。

本サイトもしくは本サイトに接続しているネットワークの脆弱性に関する調査やスキャン、テスト、セキュリティや認証方法の侵害を行ってはなりません。本サイトによって提供される本拠点ID利用者ご自身の情報以外の個人の識別、個人情報等を明らかにする目的で、本サイトの他のユーザまたは本拠点ID利用者ご自身のものではない本拠点のアカウントを含む本拠点の他の本拠点ID利用者の情報をその情報元までリバースルックアップしたり、トレースしたり、トレースを試みたりすることや、本サイトや本サイトにより利用可能とされている情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境を不当に利用することは認められません。

本拠点ID利用者は、本サイトのシステムもしくはネットワークのインフラまたは本サイトに接続されているシステムもしくはネットワークに不当または過度の負荷を与える行動は認められません。

本拠点ID利用者は、本サイトの適正な機能や本サイト上で行われる研究や開発もしくは他者による本サイトの利用を妨害する、妨害しようとする、独占すると思われるような利用方法、デバイス、ソフトウエアもしくはルーチンを使用できません。

本サイト上でもしくは本サイトを通じて利用できるソフトウエアにより本サイトに送付されるメッセージにつき、その発信元を偽る目的でヘッダーの偽造その他の方法で識別名を操作することは認められません。他者もしくは他者を代理するものになりすますこと、または他の個人もしくは団体になりすますことはできません。

違法な目的、もしくは本規約で禁じられている目的で、または、違法なアクティビティもしくは本拠点もしくは他者の権利を侵害するその他のアクティビティを実行することを勧誘するために本サイトまたは本コンテンツを使用することは認められません。

 

本拠点は、上記の行動に準じた活動をしていることを監視するために本拠点IDの利用状況をモニターする権利と、上記の行動に違反した場合、理由を開示することなく本拠点IDを停止する権利を保有します。

 

本拠点IDの利用時間は、一日24時間・年中無休を保証するものではありません。

本拠点が合理的にコントロールすることのできない自然災害、大惨事、戦争もしくはこれらに類似する事象から生じる問題を避けるための合理的かつ必要な措置をとっていないことを理解して本拠点IDを利用してください。

本拠点IDの利用に関する問い合わせは、24時間以内に回答することを保証するものではありません。

 

本拠点IDを利用して本拠点に接続する技術的課題は、独自で解決していただくことが基本です。

本拠点ID利用者は、本拠点ID利用者の本拠点IDの秘密およびセキュリティの維持ならびに本拠点ID利用者の本拠点ID上でまたは本拠点ID利用者の本拠点IDを通じて生じるすべての活動について単独で責任を負い、また、本拠点ID利用者の本拠点IDについてセキュリティ侵害があれば直ちに本拠点に通知することに同意します。本拠点ID利用者はさらに、利用できる情報、ソフトウエア及びIPが本規約の利用条件で設計されたものであり、本拠点ID利用者の本拠点IDおよび/またはパスワードの詳細を他人と共有すべきでないことを認め、同意します。

 

本サイトを使用することにより、本拠点ID利用者はインターネット通信や本サイトが完全に非公開または安全たりえないことを了解し、同意されたものとします。特定の通信に関して暗号化されている旨の表示がある場合でも、本サイトに送られた本拠点ID利用者の情報は他者に読まれたり、傍受されたりする可能性があることを理解されたものとします。

 

本拠点は、本拠点ID利用者の本拠点IDの不正利用に起因するいかなる損失についても一切責任を負いません。

本拠点IDを申請するメールアドレスは、法人支給の個人が特定できるメールを使用します。グループメールや複数の方で共有するメールでは申請できません。

 

【利用規約の修正権と修正の同意】

本拠点は、その裁量により、本拠点ID利用者に即日通知をすること無く、随時本規約の一部を変更、修正、追加または削除する権利を有します。本拠点ID利用者の責任において本規約の変更に関する定期的なチェックを行ってください。変更後も引き続き本拠点IDを使用されたことにより、当該変更に関する本拠点ID利用者の同意があったものとみなします。

 

【配布物の使用条件】

本拠点より入手した全ての情報と、本サイト上の、成果物、コンテンツのデザイン、構成、選択、コーディネート、表現、「ルックアンドフィール」およびアレンジを含みますがこれらに限られない、すべてのテキスト、グラフィックス、ユーザインターフェイス、ビジュアルインターフェイス、写真、商標、ロゴ、およびコンピュータ·コードは、本拠点に権利帰属もしくは管理されている、または本拠点がライセンスを付与もしくはライセンスを受けているものであり、トレードドレス、著作権、特許および商標に関する法律、ならびにその他の知的財産権および不正競争防止に関する法律により保護されています。

 

本規約において明示されていない限り、本サイトまたは本コンテンツを公表、頒布または商業利用のため、本拠点の書面による事前の同意なくしていかなる方法によっても(「ミラーリング」を含みます)他のコンピュータ、サーバ、ウェブサイトその他媒体にコピー、複製、再発行、アップロード、掲示、公表、エンコーディング、翻訳、転送、頒布することはできません。

本拠点ID利用者は、以下の条件に従っていただける限り、本拠点によって本サイトからのダウンロードが可能とされているアプリケーションソフトウエアおよび情報(本拠点から利用許可されたアプリケーション、アカウント名、パスワード、認証、認証方法、データシート、知識ベースの記事、その他類似のマテリアル)をご利用いただけます。 (1) ドキュメントの複製物から登録商標権や著作権などの権利に関する表示を除去しないこと。 (2) 情報を申請された目的でのみ使用し、ネットワークコンピュータ上へのコピーや配信、メディアを介しての放送などには使用しないこと。 (3) 情報を改変しないこと。 (4) ドキュメントに関して追加的な表明または保証をしないこと。

 

【その他の条件】

本拠点が保有する装置、ソフトウエア及びIPの利用等の本サイトの特定の部分または内容には、追加的な条件が適用されることがあります。追加的な条件は、すべて本規約の一部をなすものとします。本ID利用者は、上記の条件(情報、ソフトウエア及びIPの利用または内容の使用または閲覧に必要な地域や輸出管理規定に従うことも含みます)に従うことに同意します。本規約と、本サイトの一部分または本サイトにより利用される情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置やソフトウエアの利用環境に適用される特別な条件との間に矛盾が生じた場合には、当該部分についてはかかる特別な条件が優先されるものとします。

情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用に関する本拠点の義務は、これらの利用に関する契約にのみ従い、本サイトのいかなる内容もかかる契約を変更するものではありません。

本拠点は、随時、通知なくして、本サイトで利用できる情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境を変更することができるものとします。情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境に関する資料が最新のものでないことがありえますが、本拠点はかかる本Webサイト上の資料の更新を約束いたしません。

以下の条件も本サイトの使用に適用されるものとします。これらの条件は、本
ID利用規約に含まれるものとします。本規約により保護されている内容の一部は、機密保持契約を関係組織と結ぶことで開示可能になるものがあります。
・プライバシーポリシー

Web閲覧規約

 

【保証の否認】

本拠点は、本Webサイトまたは本サイトのいかなる情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用または機能にエラーや障害がないこと、瑕疵が修正されること、および本サイトの使用により特定の結果を得られることをお約束するものではありません。本サイトおよび利用できる情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境は、「現状有姿のまま」および「可能な範囲で」使うことができます。本サイトにより提供されるすべての情報は通知なく変更されることがあります。本拠点は、本拠点ID利用者が本サイトからダウンロードしたファイルやその他のデータがウイルス、汚染、有害な内容を含まないことを保証しません。本拠点は、黙示・明示を問わず、正確性、第三者の権利非侵害性、商品性、特定目的適合性に対する保証をしないことを含む一切の保証をしません。本拠点は、本拠点ID利用者による本サイト、または情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用に関する第三者の作為、不作為に関して一切の責任を否認します。本拠点ID利用者は、本Webサイトとそのリンクしたサイト、または本サイトの利用に関するすべての責任を負います。本サイト、または情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用に関する本拠点ID利用者の不満足を解消する唯一の手段は、本サイトに関する一切の使用を停止することです。上記の救済手段に関する制限は、当事者間の交渉に基づく合意の一部を構成します。

上記保証の否認は、次の場合にも適用されます。契約違反、不法行為、過失その他請求の原因のいかんを問わず、合理的にコントロールすることのできない自然災害、大惨事、戦争もしくはこれらに類似する事象のために、不履行、エラー、不作為、障害、削除、瑕疵、作動または通信の遅延、コンピュータウイルス、通信ラインの障害、盗難、破壊、不正アクセス、改変または使用により生じるすべての損害。

本拠点は、随時、通知なくして以下を行う権利を有するものとします。 (1) 本サイトもしくは本サイトの一部の運用またはこれに対するアクセスを理由のいかんを問わず修正、停止または終了させること。 (2) Webサイトまたは本サイトの一部、およびこれに適用されるいかなるポリシーまたは条件についても修正または変更すること。 (3) 定期的または不定期的な保守、エラーの是正やその他の変更のために本Webサイトまたは本サイトの一部の運用を中断すること。

 

【免責】

法律により禁止されていない限り、本拠点が損害の可能性について事前に知らされていたか否かを問わず、本拠点、産総研および東大d.lab 基盤設計研究部門は、利益の喪失を含む、いかなる間接的、結果的、付随的、懲罰的な損害についても、一切の責任を負いません。


本拠点、産総研および東大d.lab 基盤設計研究部門は、本拠点の利用により、または利用に伴い発生した事故および事件等に起因して本拠点ID利用者または第三者に発生した損害について、一切の法的責任を負わず、損害賠償および補償を行いません。

 

本拠点、産総研および東大d.lab 基盤設計研究部門は、拠点施設等の故障、不具合および瑕疵等により生じた利用者および第三者の損害について、損害賠償責任を含む一切の法的な責任は負いません。

 

本拠点、産総研および東大d.lab 基盤設計研究部門は、利用の受け入れの取り消しまたは利用中止命令に起因してまたは関連して生じた利用者および第三者の損害について、損害賠償責任を含む一切の法的な責任は負いません。

 

本拠点は、情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用の内容に関し、その正確性、有用性、確実性、その他いかなる保証もするものではありません。情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用により万一何らかの損害が発生したとしても、本拠点は一切責任を負いません。

本拠点は、本サイトの運営を予告なしに中断または中止することがあります。また、本拠点は、本Webサイトや本サイトを予告なしに変更または中止することがありますので、あらかじめご承知ください。本拠点は、本Webサイトや本サイトの中断、中止、変更によって生じるいかなる損害に対し、一切の責任を負わないものとします。

 

【補償】

本拠点ID利用者は、本拠点ID利用者による本サイトの使用によって、これに起因して、またはこれに関連して、本拠点を、第三者からのまたは第三者の要求、損失、責任、請求または費用(弁護士費用を含みます)について、本拠点、そのメンバー、および関係組織を免責し、これらの当事者が損害を受けないよう補償を行うことに同意します。

 

【本規約の違反】

本拠点は、本拠点ID利用者による本サイトの使用に関する調査もしくは苦情に関連し、または本拠点の権利もしくは財産、本拠点の利用者を含む本サイトのビジターもしくは本拠点ID利用者の権利もしくは財産を(故意によるものと故意によらざるものとを問わず)侵害もしくは妨害する者の特定もしくはそのような者への連絡もしくは訴訟の提起のために、必要と判断する場合には、本拠点ID利用者の情報(本拠点ID利用者の身元を含みます)を開示することがあります。本拠点は、いつでも、適用法令、規制、法的手続または政府の要請に従うため、本拠点が必要とみなす情報を開示する権利を有します。また、本拠点は、詐欺防止のための他の会社や機関との情報交換の場合を含め、適用法令により必要とされるか、許容されていると判断した場合には本拠点ID利用者の情報を開示することがあります。

本拠点は、本Webサイトまたは本サイトを通じた情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用による本拠点ID利用者との通信またはコミュニケーションを保存し、また、法令上必要な場合や、 (1) 法的手続、 (2) 本規約の実施、 (3) データが他者の権利を侵害している旨の主張に対する反論または (4) 本拠点、その従業員、本サイトのユーザまたはビジターおよび公衆の権利、財産または身体の安全のために必要と判断した場合に、これを開示しうるものとします。

本拠点は、本拠点ID利用者による本規約または本サイトの使用に関連するその他の合意またはガイドラインの違反があったと判断した場合には、その裁量において、事前の通知なく本拠点ID利用者の本サイトへのアクセスを停止し、および/または将来における本サイトへのアクセスを遮断することができるものとします。また、本規約の違反は、本拠点に対し金銭的な損害賠償では不適当な回復不能な損害を与えるものとし、そのような場合に、本拠点は、必要または適当と判断する差止めまたは衡平法上の救済を得ることができるものとします。これら救済方法は法令または衡平法による救済に追加して認められるものとします。

本拠点は、以下を含む理由により(ただしこれに限られません)、その裁量において、事前の通知なく本拠点ID利用者の本サイトへのアクセスを停止することができるものとします。 (1) 法執行機関またはその他の政府機関の要請 (2) 本拠点ID利用者の依頼(本拠点ID利用者ご自身により設定されたアカウントの削除) (3) Webサイトまたは本サイトを通じた情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用の停止または重要な変更 (4) 予期せぬ技術的課題または問題。

本拠点ID利用者による本規約違反の結果、本拠点が本拠点ID利用者に対し法的手段を取る場合、本拠点は、その他の救済に加えて、そのような手続の合理的な弁護士費用および費用を回収する権利を有し、本拠点ID利用者はこれを支払うことに同意します。

 

本拠点ID利用者による本規約違反の結果、本拠点ID利用者の本サイトへのアクセスを停止したことに関して、本拠点は本拠点ID利用者または第三者に対して一切の責任を負わないものとすることに同意します。

 

【知的財産権の保護】

本拠点IDを使用して得られる本サイトに掲載されている情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用には、著作権法その他各種の条約・法律等で保護されている部分があります。本サイトは本拠点ID利用者に対して利用できる情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境に関する著作権、特許権、商標権その他の知的財産権に関するいかなる権利も許諾するものではありません。
なお、個々の利用できる情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境について個別に利用条件が示されている場合には当該条件が優先されます。
本サイト上で使用される本拠点または第三者の商号、商標および標章は、商標法、不正競争防止法およびその他の法律で保護されています。これらを権利者の明示の許諾なく使用することはできません。

 

【禁止事項】

・本IDを用いて取得した情報、ソフトウエア、IP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境を研究開発以外の目的に利用する行為。

・本IDを用いて取得した情報、ソフトウエア、IP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境を本拠点ID利用者の許可を受けていない者に開示使用させる行為。

・本拠点の本拠点ID利用者の許可を受けていない者が、本拠点の情報、ソフトウエア及びIPを利用する行為。

・プロジェクト利用申請時に記載した内容とは異なる内容で、本拠点のIDを利用する行為。

・関係組織が定める利用規約に反する行為。

・情報、ソフトウエア及びIPを利用のために東大d.lab 基盤設計研究部門のネットワークを使用するにあたり、東京大学情報倫理運用規程に反する行為。

・本拠点ID利用者が、国や地方公共団体等の補助事業等の実施者となっている場合で、その事業遂行のために装置等を利用した場合、本拠点における装置等の利用により不要となった費用を、当該事業費に計上する行為(二重計上の禁止)。

EDA/IP/Emulatorなどを開発する会社が、競合他社の採用状況を調査する行為。
EDA/IP/Emulatorなどの本拠点の関係組織へ価格交渉目的として利用する行為。
EDA/IP/Emulatorの性能機能比較を実施する行為。またそれを社内社外に公開する行為。
EDA/IP/Emulatorと同等な機能を持つ製品を開発する目的として利用する行為。
EDA/IP/Emulatorの情報をこの製品の競合他社に提供する目的として利用する行為。

AVIPやそれに限らない特定IPの仕様を検証する機能で、その同機能品を開発する行為。

・アメリカ合衆国、日本、その他適用のある国の輸出規制法令に違反して、装置等を利用、輸出または再輸出すること。
・本拠点もしくは第三者の製品や情報、ソフトウエア及びIPの利用、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境の利用を本拠点の承認(承認交渉中も含む)を得ずに無断使用する行為。
・本拠点もしくは第三者の財産、権利もしくはプライバシー等を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
・本拠点または第三者を誹謗、中傷または脅迫する行為。
・本拠点もしくは第三者に不利益、損害を与える行為、またはそのおそれのある行為。
・本拠点または第三者の名誉または信用を毀損する行為。
・公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。
・営業活動またはその他の営利行為のために利用する行為。
・法令、条例等に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
・コンピュータウィルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為。
・虚偽の登録、申告、届出を行なう行為。
・本サイトの内容を不正に改ざんする、サーバ通信に障害を生じさせる、不正なデータを埋め込む等して本サイトの運営を妨害する行為。
・前各号の他、本拠点が不適切と判断する行為。

 

【機密保持】

AIチップ設計拠点Confidential Documentと明記された内容は、本拠点の機密資料(書類、電子データを格納した電子媒体等の有体物および電子 メールを含む)です。本拠点の活動を本拠点ID利用者に知らせることが唯一の目的であり、その目的外での使用と配布及び複製を禁止しています。機密情報の使用が終了した場合は、5営業日以内に入手された秘密情報の全て(複製物を含む)を破棄してください。

 

【商標について】

本サイト上で使用される関係組織、またはその他の会社の商号、商標および標章は、商標法、不正競争防止法その他の法律で保護されています。これらを本拠点及び各権利者の明示の許諾なく使用することはできません。

 

【プライバシー】

本サイトの使用には、本拠点のプライバシーポリシーが適用され、その規定は、本規約の一部をなすものとします。本拠点のプライバシーポリシーをご覧になるには、本Webサイトを参照下さい。

 

【準拠法および管轄裁判所

本規約は日本法を適用します。また、本拠点および本規約に関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

 

【雑則】

アメリカ合衆国輸出法および輸出規制を含む(これらに限られません)適用法令または規制に違反して、本サイト上のコンテンツ、そのコピーもしくは改作、または利用できる情報、ソフトウエア及びIP、本拠点が保有する装置及びソフトウエアの利用環境を使用、輸出または再輸出することは認められません。本サイトをアクセスできる端末を輸出、または、再輸出する行為を含みます。

本規約のいずれかの規定が管轄権を有する裁判所その他裁決機関により無効または履行不能と判断された場合には、そのような規定は必要最小限に制限または削除され、できる限り本規約の意図を斟酌した有効な規定に置き換えられ、本規約は引き続き効力を持ちます。本規約は、本拠点ID利用者による本サイトの使用に関する本拠点ID利用者と本拠点との間の完全合意を構成し、本拠点ID利用者と本拠点の間に交わされた書面または口頭における合意または約束は本規約に取って代わられ、無効とされます。本拠点と本拠点ID利用者との間に契約が途の定めてある場合を除き、本拠点は、本規約に対する代案を受け入れないものとし、そのような案は、本規約により断固として拒否されます。本拠点が本規約の厳格な履行を主張もしくは求めない場合にも、本拠点は、本規約のいずれかの規定や本規約の履行を求める権利を放棄するものと解釈されません。また、本拠点と本拠点ID利用者またはその他の者との間のいかなる折衝状況も本規約の規定の修正とみなされません。本規約は、いかなる第三者にも権利や救済を付与するものと解釈されません。

 

【フィードバックと情報】

本拠点は、本サイトにて本拠点ID利用者が提供したいかなるフィードバック(ツールの使用方法や、各種ノウハウなど)を含む、一切の情報については、本拠点の業務の目的以外に利用しません。本拠点は、本拠点ID利用者が秘密であることを示して本拠点に提供した情報については、秘密の保持に留意し、善良な管理者の注意を持って管理します。

 

【移転の否定】

本規約のいかなる内容も、本拠点ID利用者が利用する本拠点IDまたはこれらに類するリソースについての権益、権原または使用許諾を移転するものと解釈してはなりません。

 

本拠点IDの再販売の否定】

本拠点ID利用者は、目的の如何にかかわらず、本拠点ID(またはその一部)の再生、複製、複写、販売、再販売、賃貸または取引をしないことに同意します。

 

【2要素認証および自動ダイヤル通話/SMS

本拠点IDが、2要素認証を有効にすることを選択される場合、本拠点ID利用者は以下に同意するものとします;(a)少なくとも1つの電話番号を本拠点に提供すること、および(b)提供したいずれかの電話番号に、本拠点からテキストメッセージを受領すること。本拠点は、(i)サインインする際に本拠点ID利用者のアカウントを安全に保つため、(ii) 本拠点ID利用者がパスワードを忘れた際も、本拠点ID利用者のアカウントにアクセスできるようにするため、または(iii)その他本拠点ID利用者のアカウントにとって必要である、または本規約、本拠点のポリシー、適用法、または本拠点が本拠点ID利用者と締結する場合のあるその他の契約書を実行するために、当該通話やテキストを出すものとします。

 

 

Copyright © 2019 AIチップ設計拠点. All rights reserved.

AIチップ設計拠点 Confidential Document 

東京都文京区弥生2-11-16 武田先端知ビ

 

AIチップ設計拠点により2019103日に変更